スマホを修理に出す前にバックアップをするとは?

iPhoneのバックアップ

iPhoneのバックアップはPCを持っている場合と、持っていない場合とでバックアップの方法が異なります。
(1)PCを持っている場合
MacでもWindowsでも構いません。この場合は『iTunes』を使いバックアップを取ります。iPhoneとPCをケーブルでつないでバックアップを行います。ここでバックアップした情報はPCディスクに保存されます。

(2)PCを持っていない場合
この場合は『iCloud』を使ってバックアップをとります。Wi-Fiを利用してクラウド上に保存します。
iCloudはストレージ容量が5GBまでであれば無料ですが、それを超えると有料で容量を追加購入しなくてはなりません。動画や写真などは容量を多く使うので、これらを多く持っている方は注意いてくださいね。
水没などしてしまったら、このバックアップもとることができませんのでできるだけこまめにバックアップを取るようにしましょう。

Androidのバックアップ

AndroidはiPhoneとバックアップの方法が少し異なります。
(1)Googleアカウントと同期する
Googleアカウントを同期させることでバックアップを取ることができます。このGoogleアカウントに紐づいているGoogleカレンダーやGmailなどがバックアップ可能です。
Googleプレイからインストールしたアプリも、バックアップされます。

(2)アプリを使ってバックアップ
Googleアカウントに紐づけされたデータ以外の音楽や写真、連絡先といったものはバックアップされないため、別のバックアップ方法を取る必要があります。
バックアップアプリを使用する方法ですが、アプリによってバックアップできるデータは異なります。
事前にアプリをインストールしておく必要がありますので、後に慌てないようにするためにも早めにこの類のアプリは手に入れてバックアップをとっておきましょう。